モビリティが世界に出るために

超小型モビリティが世界に進出するためには、今の状態だと良くありません。ではなぜそのようなことになっているかを説明していきますね。

 
現在の超小型モビリティは、いくつかの問題があります。それらが原因になっているのですが、主に大きな原因として規格が存在しているでしょう。規格は、それぞれの自動車でどのようなサイズで設計するかの目安のようなものです。ほとんどの場合、それぞれの規格を持っているのですが、超小型モビリティの場合はまだ軽自動車の規格をしようしているのですよ。

 

これでは世界に日本のモビリティを出すことは難しいでしょう。他にも何かしらのものをやらないといけません。それ故に、まだまだ世界に出すことができないでいるのです。故に、今後のモビリティ制作をする場合は規格に注意して制作をしていくことになるでしょう。また、それを補う何かをするという手もありますね。世界に通用する何かがあれば、例え規格が軽自動車でも問題無いでしょう。

 
このような理由で、日本の超小型モビリティは世界へ羽ばたくことが出来ません。そのためにも、今後モビリティの開発をかなり頑張って制作して行くことでしょう。だから、今後の超小型モビリティの製造に期待するようにしてください。