モビリティの種類について

超小型モビリティには、いくつかの種類があります。しかし、最終的には同じようなモビリティを作ることになるのではないでしょうかね。

 
超小型モビリティは、基本的に小型化を追求しているものです。それ故に、ゴチャゴチャしたものを取り付けることは難しいでしょう。だから、種類と言ってもどのようにエネルギーを供給するかという点になります。だから、種類としてはガソリンで動くモビリティ、電気で動くモビリティ、新しい燃料で動くモビリティなどになるでしょう。ガソリンは軽自動車も使用しているのでそこまで珍しくはありませんね。そして新たな燃料も、その燃料自体が珍しいですがモビリティに関してはそこまで珍しいことにならないことが多いでしょう。

 

しかし、電気自動車は結構良いかもしれません。先程も説明したように、モビリティはあまりゴチャゴチャと取りけることが出来ません。それ故に、モビリティを動かせるだけの電気をどのように供給するかが問題になりますね。そこで出るのが電気のガソリンスタンドやソーラーシステムです。電気のガソリンスタンドは最近でありますので良いとしても、ソーラーシステムはそれなりに大きくないと沢山出来が供給出来ません。それ故に、それをどこに取り付けるかが電気自動車の課題となるでしょうね。

 
このように、モビリティの種類があります。エネルギー以外にも二輪や変わった動きをするモビリティもありますので、興味があるなら調べてみると良いでしょう。