燃料について

超小型モビリティの燃料は、様々あります。その燃料によっていろいろと異なるので注意してください。
超小型モビリティの燃料としては、通常のガソリン、電気があります。あとは特殊な燃料となっていますが、これはほとんどありませんね。だから、ガソリンか電気の燃料で走ることが出来るでしょう。まず、ガソリンの方ですがこれはほとんど自動車と変わりません。普通にガソリンスタンドで補給して走ることが出来るでしょう。ただし、モビリティは小さいので燃料自体がそこまで入りません。もちろん、大きな力を出すために多くのガソリンを使用するわけでもありませんので、燃費自体はそこまで大きくはないです。だから、普通に走行をすることが出来ますが長距離の運転をする場合は、通常の自動車よりも早く燃料切れを起こすので注意してください。

 
次に電気自動車です。電気自動車は、ガソリンのように補充するタイプと発電タイプが存在しています。補充するタイプの場合は、家で専用の機械を取り付けることで充電することが出来るでしょう。また、ガソリンスタンドのようにスタンドで充電することも出来ます。ただし、スタンドは今現在そこまで多くはありません。そして、発電タイプは外が天気なら太陽がある限り発電をすることができるので、結構長く運転をすることが出来るでしょう。ただし、これらの電気自動車はガソリンよりも入れることが出来る量やエネルギーの高さがありませんので注意してください。
このように超小型モビリティの燃料がありますので、実際どちらが多く使用するかが楽しみでしょう。