デメリット

超小型のモビリティには、結構多くのメリットがありますが、必ずしもメリットだけではありません。デメリットも存在しているのです。

 
超小型モビリティのデメリットはその小ささにあるでしょう。基本的には小さいことでメリットが多いのですが、その分だけ乗れる人数が少ないですね。大体1~2人くらいしか乗ることが出来ないので、複数の人を乗せるのにかなり適していません。まあ、少数人を乗せるだけと考えるなら問題ないでしょうが、家族が居るところは適さないのがデメリットでしょう。

 

次に、収納スペースです。最近では小型でも収納スペースを大きくしている軽自動車が多いですね。一応超小型モビリティの方もそれをしているのですが、それでもスペースが少ないでしょう。食材の買い物程度なら良いのですが、大きな荷物を運ぶことが出来ないので注意してください。最後にこれはデメリットと言い難いのですが、駐車するときに問題が出てきます。モビリティは小さいので駐車するのはかなり楽でしょう。

 

しかし、スーパーなどの駐車場は普通の自動車サイズで分けられているので、モビリティ1台で駐車しようとすると大変スペースをあけることになります。それ故に、詰めたほうが良いのか大きく使った方が良いのか悩む場合がありますね。まあ、これからモビリティが増えるとそういったことが少なくなるかもしれませんが、現在では考えさせられることになるでしょう。

 
このように超小型モビリティのデメリットがあります。使っていく内に気にしない状態になるかもしれませんが、このようなデメリットがありますので注意してください。